40代後半からでも何かをするブログ

行政書士業務や興味のあることを書いています。

40歳からバク転するために柔軟は必須かも

一日10分を続けてみよう

 

こんにちは。

 

体操素人のおっさん(48歳)ですが、毎週がんばってバク転しています。

 

特に目指す目標はないのですが、ジャニーズでも入ろうかなと知り合いに言ったら、「ジャニーズシニア」だろ!と突っ込まれました(笑)。

 

なかなか上手いなあと感心してしまいました。

 

40歳からのバク転をする上で、ここが重要だと思うことを書いてみたいと思います。

肩周りの柔軟性が大切

この歳になると、気が付かないうちに固くなっているのが、肩周りの筋肉です。

特に日々の仕事がパソコン系の事務仕事だと、知らず知らずに固くなっています。

 

この周辺のほぐしは重要です。

 

というのも、バク転をする上で腕の入れ込みが重要だと思うからです。

 

私が思い描くバク転の形は、次のような感じです。

 

f:id:mrgyosei:20210215144116p:plain

このような姿勢を保つには、腰の柔軟も必要ですが、それより胸辺りから腕の柔軟性の方が重要だと思っています。

 

しかし、40代から徐々に四十肩や五十肩が気になりだしてくる年齢ですよね。

でも、この不調との闘いに勝利しなければ、バク転を成功させることはできませんし、できたところで、綺麗な形にならないです。

 

まあ、できたところで自己満足ですけどね(笑)。

 それでも、いいんです。

 

大半の趣味は、自己満足だから。

 

柔軟方法

 

私は、毎日次のような柔軟をしています。

 

・ネコのポーズ 

 こんな感じのやつです。

https://www.youtube.com/watch?v=92-FBp9FIAI

 

・上体起こし

・ブリッジ

・座って前屈

・座って足開いて前屈

・背中で手を合わせる(握手)

 

このようなメニューです。

 

時間にして、5分から10分程度しかやってませんけど、このような柔軟をするようになってから、腰痛もなくなりましたし、四十肩的なものに悩まされたことがありません。

 

まだまだバク転は修行中の身ですが、このようないい副作用も得られたので、今日からぜひ、やってみていただきたいと思います!