40代後半からでも何かをするブログ

行政書士業務や興味のあることを書いています。

株式会社の会社設立-後編

申請用総合ソフトを使って電子申請

 

  

 

定款に電子署名して申請するまで

定款に署名する

 

 

前回は、いよいよ電子申請する前段階までやりました。

 

 

mrgyosei-blog.com

 

続きの説明です。

 

ここまで、準備がととのったら公証役場に電話します。

「今から電子申請します。」

 

手順

 

1.PDFの定款に電子署名して保存

2.申請用総合ソフトで電子申請

 

 

まずは、アドビアクロバットを起動させて、PDF形式の定款に電子署名します。

 

この際に、必要なものは、マイナンバーカードとカードリーダーです。

よくあるのが、マイナンバーカードのアクセスコードであるパスワードを忘れてしまっていることです。これだけは、覚えておきましょう!

 

実際やってて「あれ?大文字だっけ小文字だっけ?」という状況がありますので、気を付けてください。

 

定款最後の押印するところに電子署名をしたら、保存してとりあえず終了です。

 

電子申請

 

次に、申請用総合ソフトを起動させ、先ほどの電子署名した定款を電子申請してみます。

 

デスクトップにできているショートカットキーから起動させるとこんな感じになります。

 

f:id:mrgyosei:20210122105112j:plain

 

「申請書の作成を行う」をクリック。

 

そしたら選ぶ項目は、「電磁的記録の認証の嘱託」を選びます。

f:id:mrgyosei:20210122105320j:plain

この項目を選択すると次のような画面になります。

 

f:id:mrgyosei:20210122105804j:plain

 

嘱託人情報、実質的支配者等を入力し、公証人の先生を入力しましょう。

 

入力が終わったら、「完了」をクリックです。

 

f:id:mrgyosei:20210122110233j:plain

 

次の画面で、「電子公証」タブをクリックすると、先ほどの情報が反映された項目がでてきます。

 

そこで、定款を添付する目的の「件名」を選び、電子署名した定款を、添付して送信すれば完了です。

 

無事到達したことを確認できたら、公証役場に出向いて所定の手続きをして終了となります。

 

登記申請書の書き方はこちらで、公開されてますので、参考にしながら修正していけば作成できます。

 

houmukyoku.moj.go.jp

 

面倒な場合や、不明な点がある場合は、事前に法務局に予約して相談する方法もありますし、司法書士さんにやってもらうという方法もあります。

 

最後に

  

会社設立って、めったにやらないことなので、このようなことを覚える必要があるのか?と思ってしまいますよね。

 

かといって、紙の定款だと4万円の印紙代が発生してしまいます。

 

そのため、自分でこういったことをするのが面倒な時は、専門家に依頼するのが、最も効率よくできるのではないかと思います。決して営業ではありません。(笑)

 

今回、当方では、7000円で、定款の電子申請をさせていただいたので、お客さんのメリットにはなっていますし、電子定款にしたメリットはあるので、よかったのではないかと思っています。