40代後半からでも何かをするブログ

行政書士業務や興味のあることを書いています。

S13シルビアの時代・前編

トミカプレミアムのシルビア

 

 

トミカのシルビアを購入した。

 

f:id:mrgyosei:20200929145021j:plain

S13シルビアは1980年代後半から90年代前半くらいの生産だったみたいだ。

青春時代には、すでに存在していたので、詳しい生存期間が不明だったので調べてみた。

 

シルビアといえば、J´S、Q´S、K´Sの3種類。

 

J´S、Q´Sはノンターボ、K´Sはターボ車。

しかし当時を思い出したが街中では、J´Sはほとんど見たことがなかった。

 

Q´SかK´Sがメインだった。

 

私が大学生の頃は、ドリフトブームが起因してシルビアといえば、K´Sという認識でいた。

 

同じエンジンを積んでいた車に180SXがあった。

これは、リトラクタブルヘッドライトで、とてもスポーティだった。

 

この車は、高校生の時、数学の教師が乗っていた。

「ほもだほもお」に似た教師で、高校2年の時の数学のテストが、「0」点だったのに、掃除をさぼったということで、「-30」点された。

 

テストが、マイナスって何だ?

 

さて、話をもとに戻すと、友達がこの180SXに乗っていた。

社会人だった彼は、新車で購入。

  

私は、20万で買った中古の前期型AE86レビンのGT。

ハッチバックではなく2ドアクーペ。リアブレーキはドラムだった。

 

ガソリンメーターは満タンにしても、半分までしか上がらないし、100km近くなるとハンドルが、がくがくしてきて、120km超えると直った(笑)。

アライメントがおかしかったんだろう。

 

買った時からサスは交換してあった。しかし、LSDは入ってなかったので10万くらい出して、当時色々あったチューンショップの一つを選択して入れてもらった。

 

運転スキルというと、なんちゃって走り屋の私はそこら辺で、タイヤを滑らせて遊んだこともあった程度。

 

「七曲り」に始まり、「D突」や「南部市場」、「船橋の埠頭」など、ドリフトスポットはあったが、そんなところでやれるほどのスキルは、持ち合わせていなかったため、見学席が指定席であったことが幸いして、当時大きな問題にならずにいれたのは、今となっては良いことだと思っている。

 

とは言っても、ドリフトブームが一世風靡して来ると、当時、流行った「つぶしや」と言われていた危険な人物も姿を現すようになり、二回ほど追いかけられたこともあった。

 

木刀持った怖い方や、「バールで穴開けるぞ」と脅してきたおじさん。

もちろん「アイルトンセナのようなスタートダッシュ」で逃げ切った。

 

180SXのやつは、不運なことに、木刀持った方にしっかりと反省会をさせられてしまったのは、非常に悲しい出来事だ。

 

しかし、社会の怖さを一つ知ることができたのは、いいことだった。

「調子に乗るな」ということを。